ギターの買取

ギターをずっとやっていました

学生時代からずっとギターをしていたのですが、だんだんと熱が冷めてきました。以前はかなり熱中していて毎日弾いていたのですが、最近はめっきりです。それまでは実家で暮らしていたのですが田舎で近くに家もないために好きに楽器を演奏できていたのですが会社の都合により引越しをする事になって、楽器をどうするか悩みました。 というのも都内に引っ越す事になったので楽器の演奏はとてもむりだと思ったのです。音がうるさく近所の迷惑になると思いました。思い出に取って置こうかともおもったのですが、弾かない楽器というのは意味がないと個人的には思っています。そのため買取をしてほしいと思うようになり、色々と調べてみることにしました。

買取してもらうことにしました

最近は色々な楽器の買取方法があります。従来どおり店舗に持ち寄って買取をしてもらうというのもありますし、家に直接来て買取をしてもらうという方法もあります。価格を上げたい場合にはたくさんのお店をあたるのが一番いいのですが私はそれをしませんでした。時間があまりなく引越しにかかる手間がかなりあったため、簡単な買取方法を利用しました。 それは郵送で楽器を送り見積もりをとってもらうというものです。それは指定の箱に梱包して送るだけなのが手間が要らずにとても簡単です。楽器を送ってから1週間後見積もりが届いたのですが新品で買った価格の三分の一の買取額だったです。思っていたよりも多かったので、とてもうれしかったです。